歌舞伎座の二階席・三階席・幕見は見やすい?見え方を徹底解説します!

東京

 

歌舞伎座の二階席・三階席・幕見の見え方についてまとめてみました。

1階席じゃなくても大丈夫?

舞台は遠くない?

そんな疑問をお持ちの方の参考になればと思います。

 

歌舞伎座 1階席正面と桟敷席からの見え方についてはこちらをご覧ください。

歌舞伎座|座席見え方徹底解説!1階席はどんな見え方?桟敷席も解説
名実ともに代表的な歌舞伎専用の劇場である『歌舞伎座』。 今回は、この『歌舞伎座』の1階席(正面と桟敷席)について、座席からの見え方をまとめてみました。 これから行かれる方の参考になればと思います。 ↓二階席・三階席...

 

スポンサーリンク

歌舞伎座 座席表

出典:松竹公式サイト 歌舞伎座ページ

↑歌舞伎座の座席表です。

 

二階席と三階席は、正面エリアとサイド(東と西)に座席があり、コの字型になっています。

幕見の場所は、三階席正面の後方になります。

 

↓舞台側から見た客席

 

この投稿をInstagramで見る

 

中村春希 Nakamura haruki(@haruki_nakamura_nk)がシェアした投稿

一階席と違って、二階席と三階席は傾斜がしっかりついているのがわかりますね。

特に、三階席の傾斜はすごいです。

 

では、座席からの見え方は実際どうなのか?

エリア別に、以下に解説します。

スポンサーリンク


歌舞伎座 二階席 正面からの見え方

二階席の正面は、前方の席は見やすいです。

特に最前列のセンターは天皇陛下と皇后陛下がご覧になられたこともあるくらいの良席で、『天覧席』と呼ばれたりもします。

視界を妨げるものがないので、舞台も花道も見やすいですよ。

役者さんも時々目線を送る席なので、そういう醍醐味も味わえます♡

 

実際に二階の最前列に座ったとことがある方は、

めっちゃ贅沢!! 花道は手前以外は全部見えるし、視力良ければオペラグラスも要らない

と満足気でしたよ~。

 

二階席最前列センターからの見え方です。

これは素晴らしい視界ですね~~。

 

2列目以降も、一階席と違って傾斜がちゃんとあるので、前の人の頭が気になることもさほどありません。

花道は全部は見えませんが、舞台全体はよく見渡すことができます。

 

↓二階席正面からは、花道は全部は見えませんが、舞台全体は見渡せます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

kabukibunraku(@kabukibunraku)がシェアした投稿

 

しかし二階席正面でも、後方は距離が遠い(舞台が遠い)と感じる人が多いです。

 

とはいえ、

二階席8列目センターで見た方は、

花道はあまりよく見えないが、舞台全体はよく見ることができる

と話していたので、距離は遠いものの視界が良好なことには変わりないです。

 

チケットぴあ

歌舞伎座 二階席(西・東)からの見え方

二階席の西と東のエリアは、一階の桟敷席と同様、舞台を斜めから見ることになるので、正面から見たい方にはあまりおすすめしません。

しかし、前の人の頭も気にならず見れるので、その点はいいですね。

 

また、東側の番号後半の席は、花道も舞台も良く見えるため、けっこう人気があったりします。

二階席東からの見え方

 

ところが、二階席の西側は花道が全く見えません・・・。

二階席西4-2番からの見え方

 

この投稿をInstagramで見る

 

Sadaaki Fukuchi(@sadaakifukuchi)がシェアした投稿

西側からは花道が本当に見えませんね・・・(;;)

 

それでも、

座席の前後左右に余裕があるので、長時間の観劇も楽チン

とか、

裏方の動きも少し見えたりして、逆に面白かった

という感想の方もいるので、花道以外を楽しむことはできると思いますよ~。

スポンサーリンク


歌舞伎座 三階席 正面からの見え方

三階席は舞台からかなり遠くなります。

歌舞伎座は1800人超えの大型劇場ですからね・・・。

三階席ともなるとそれなりに距離ができるのは仕方のないことかと(涙)。

 

そして、三階席からは、花道は舞台寄りの一部しか見えません。

 

三階席後方からの見え方

↑このように、花道は一部しか見えません・・・。

 

三階席7列で見た方は、

姿や動きはよく見えるが、顔は見えませんでした

と話していました。

表情まで見るには、オペラグラス必須だと思います。
(→ ライブ・観劇には双眼鏡が便利!

 

しかし、三階席でもそれなりに楽しんでいる方ももちろんいて、

歌舞伎座三階席デビュー! 大向こうさんも近くにいて、外人さんも多くて、観光気分で楽した

という方や、

舞台は遠いけど、宙乗りはよく見えます

という方も。

 

なので、

・舞台は遠い

・花道は少ししか見えない

けども、また違った楽しさがある!と割り切って行かれると意外といいかもしれませんね。

 

あ!しかし、歌舞伎座の三階席はかなり座席が狭いので、その点は覚悟して行かれた方が良さそうです。

座席が狭い!長時間はつらい。特に前後!何であんな狭いの?

とボヤいている方がけっこうおります・・・。

 

スポンサーリンク


歌舞伎座 三階席(西・東)からの見え方

三階席の西と東は、残念ながら三階席の正面以上に見え方があまりよろしくありません(;;)

三階席の桟敷なんて初めから問題外

桟敷は1階席でなければ無意味

天井しか見えない桟敷

など、ボロクソに言う方もいるくらいです・・・。

 

やはり、舞台を斜めに見る形になるので、東・西どちらのも舞台の自分側は死角になります。

 

三階席東からの見え方

 

この投稿をInstagramで見る

 

@nanafciがシェアした投稿

花道見えなくてもいいから正面で見たい

という感想の方もいました。

 

三階席西からの見え方

 

この投稿をInstagramで見る

 

mayo(@mayokiku)がシェアした投稿

加えて、西側からだと花道も全く見えません・・・。

スポンサーリンク


歌舞伎座 幕見席からの見え方

歌舞伎座の幕見は4階にあります。

別の階には行けません。

4階といっても、4階席というわけではなく、場所的には三階席最後列の延長のような感じですけどね。

 

幕見席は見晴らしが良く、花道はちょっとしか見えませんが、舞台はきちんと見えます。

ただ、舞台まで距離があるので、オペラグラスはあった方がいいと思いますよ~。

 

↓幕見

 

この投稿をInstagramで見る

 

ヒロコ(@hirokokwkt)がシェアした投稿

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Armel8 Toshinobu Saito(@armel8)がシェアした投稿

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Irie(@irie_lf)がシェアした投稿

高さがかなりあるので舞台は遠く感じますが、たしかにきちんと舞台は見えますね。

花道も七三は見える感じです。

 

幕見は歌舞伎初心者の方が多くて、感動してるのが伝わってきたりして、なかなか楽しいみたいですよ。

大向こうさんも近いですしね。

お得に気軽に見たい、初めてなので試してみたい、という方にはおすすめですよ~。

 

では、行かれる方は楽しんできてくださ~い。

 

歌舞伎座 1階席正面と桟敷席からの見え方についてはこちらにまとめてあります。

歌舞伎座|座席見え方徹底解説!1階席はどんな見え方?桟敷席も解説
名実ともに代表的な歌舞伎専用の劇場である『歌舞伎座』。 今回は、この『歌舞伎座』の1階席(正面と桟敷席)について、座席からの見え方をまとめてみました。 これから行かれる方の参考になればと思います。 ↓二階席・三階席...

スポンサーリンク


ライブ・観劇には双眼鏡が便利!

1階席後方・2階席・3階席、、、など、肉眼で演者をハッキリ確認できるか不安な場合は双眼鏡を用意しておくといいですよ~。

 

近い席の場合でも、

このシーンはどうしてもアップで見たい!

なんていう場合は双眼鏡が大活躍します。

 

小型・軽量・持ち運びしやすい・安心メーカー、のものが個人的におすすめです。

 

チケットと宿泊先

チケットはこちらから

チケットを探す チケットぴあで探す
e+(イープラス)で探す
ローソンチケットで探す

 

宿泊先はこちらから

宿泊先を予約 楽天トラベルから予約
じゃらんから予約
dトラベルから予約

 

タイトルとURLをコピーしました