歌舞伎座|座席見え方徹底解説!1階席はどんな見え方?桟敷席も解説

東京

名実ともに代表的な歌舞伎専用の劇場である『歌舞伎座』。

今回は、この『歌舞伎座』の1階席(正面と桟敷席)について、座席からの見え方をまとめてみました。

これから行かれる方の参考になればと思います。

 

↓二階席・三階席・幕見については、こちらをご覧ください。

歌舞伎座の二階席・三階席・幕見は見やすい?見え方を徹底解説します!
歌舞伎座の二階席・三階席・幕見の見え方についてまとめてみました。 ・1階席じゃなくても大丈夫? ・舞台は遠くない? そんな疑問をお持ちの方の参考になればと思います。 歌舞伎座 1階席正面と桟敷席からの...

 

スポンサーリンク

歌舞伎座 座席表

まずは座席表を確認。

出典:松竹公式サイト 歌舞伎座ページ

↑歌舞伎座の座席表です。

 

1階席は、前後22列、左右(多いところで)43席の正面の席と、

左右に20席ずつの桟敷席があり、

花道は、舞台に向かって左寄りの位置、6番と7番の間にあります。

 

では、座席からの見え方は実際どうなのか?

1階席の正面から順に解説します!

スポンサーリンク


歌舞伎座 座席見え方 1階席正面

前方は迫力が凄い!1列~6列

前方の席はやはり迫力が凄いです。

間近で一流の役者さんを見たら、心を動かされること間違いなしです。

 

実際に前方エリアに座った方の感想は、

1階席1列センター

玉三郎さんをこういう席で見るのはヤバい。微熱が出てしまったかも

 

同じく1階席1列センター

眼がすごかった。演技力と相まってこの世のものとは思えない凄み。息ができなくなるほど

 

すごそうですね~~~。

 

最前列はこんなに近いですからね。(ちなみにこの席は花道も近い)

 

この投稿をInstagramで見る

 

@funamikaがシェアした投稿

 

1階席4列からの見え方はこちら

 

1階席5列27番あたり

 

1階席6列23番からの見え方

 

この投稿をInstagramで見る

 

chikanosyou19810919(@chikanosyou19810919)がシェアした投稿

 

1階席前方は細かな芝居がよく見えるので、「お金はかかるけど大満足!」という声が多いです。

間近で役者の汗まで見ることができますからね。

お目当ての役者を見たい方には絶対おすすめです。

 

ただし、足元が見えづらかったり、左右に顔を振って疲れたりもするので、

あんまり前だとかえって見づらい

1階2列目で見たら近すぎた

という方もいます。

 

そのため、もう少し後方の『とちり席』が一般的にはおすすめだと言われています。

スポンサーリンク


おすすめは『とちり席』7列~9列

『とちり席』というのは、いろはにほへと・・・の7~9列のセンターブロックのことを言います。

一般的に、この『とちり席』がご贔屓の座られる最良席とされています。

ほどよく舞台から離れているため、全体が見渡しやすい席なんです。

ただ、前列に大柄な方が座った場合、舞台が見えづらいこともあったりしますけどね。

あと、端になるとあまり見やすくはないので、7~9列の中でも舞台に対して真ん中あたりの席、7番~26番くらいまでが一番見やすいと思います。

 

いつもはほぼ3階席ばかりという方が、

今回初めて1階とちり席という素晴らしいお席を取っていただき、良い席で鑑賞すると、幸せ度や満足感が全然違うのだなあと実感

と感想を述べていたので、やはり良い席は感じ方が格段に違うようですよ~。

 

といっても、このような良い席は後援会押がさえていることが多く、なかなか手に入りにくいとか。

入手できるコネができたら(笑)、ぜひ一度は座ってみたいものです。

スポンサーリンク


10列~15列くらいは?

10~11列くらいなら、『とちり席』のすぐ後ろだし、けっこういいと言われています。

1階席11列目で見たという方は、

最前列で見るよりも全体が見やすくて良かったです

と言っていましたよ。

 

1階席10列からの見え方

10列でも十分近いですね。

 

15列くらいになると、ちょっと舞台に近いと言えない距離になってきます。

不安な方はオペラグラスを持参してもいいかもですね。

 

1階席16列からの見え方

17列から2等席になってお値段が下がるので、15列や16列はちょっと割高感がある気がしますね・・・。

スポンサーリンク


後方でも見える?17列~22列

17列は2等最前列。

お得なわりに、前が通路で見やすいですよ~。

 

1階席17列からの見え方

 

他にも、

1階席19列

見やすくて良かった

 

1階席後方

全体を真っ直ぐ見渡せ、花道も最後まで見えるのでとても良い

 

1階席最後列

おかげで花道での六方を最後まで見られてよかった

 

など、後方の席でも良い口コミがちらほら。

 

1階席後方からの見え方

 

この投稿をInstagramで見る

 

♏️i-o-p(@mi_che_lle_mmm_)がシェアした投稿

 

特に、1階席後方は花道がばっちり見えるのがいいですね。

花道が全部見えるのは1階席だけですからね。

ただし、1階席後方は天井が低く(2階席が被さっている)、閉塞感があるという方もいますので、あしからず。

スポンサーリンク


歌舞伎座 座席見え方 1階席正面 傾斜問題

歌舞伎座の1階席はちょっと問題点があって、それは、、、

 

傾斜が弱いため、前の人の頭が気になることがある!

という点です。

 

ちょっと口コミを探してみただけでも、

1階席は傾斜があまりないので、ちょっと前の方の頭が気になります

1階1等席、最悪なのは前の席に『大きな人』が座った場合。舞台はかなり遮られます(;;)

大奮発して1階席のセンターブロック後方で観劇。実は見づらいのね。前の人の頭をよけながら見る羽目に

せっかくの1階席だったのに、前の席の方が高めに髪を結われていて・・・(泣)。いろいろ見切れてましたー

1階席のセンターブロックは前の人の座高次第

歌舞伎座1階後方席、ほんと苦痛。前の方の頭が舞台に被って見えない。歌舞伎座は次から上階にすると決意

歌舞伎座の1階席って見づらいんだもん。座ったり伏せたりする芝居も多いのに、段差なし&千鳥配置なし

 

などなど残念な声が・・・。

 

せめて千鳥配置(座席が前後互い違い)になっていればいいのですが、歌舞伎座はそうではないので、

わりと最近できた劇場なのに、なんで千鳥配列じゃないんだろう

1階席正面の千鳥配列希望はよく言われてる

傾斜が本当にゆる~~~くて、千鳥配置にもなってないから、もう運だね

という声も(;;)

 

声が松竹に届いて、千鳥配置に変更になったらいいんですけどね・・・。

 

ま、それでも、

初めて歌舞伎座の1階席で見たけど、いやぁ迫力満点!

とか、

歌舞伎座1階席、ほんと興奮した! いつも3階だから広いイメージだったけど、こんなに近いんだ!

と、1階席の迫力や近さを評価する声もあるので、

1階席の臨場感を取るか、視界が開けている上階席を取るか、でしょうかね。

スポンサーリンク


歌舞伎座 座席見え方 1階席 花道横もおすすめ

一般的に良席とされる席は『とちり席』ですが、花道のすぐ横右側)も楽しい席のひとつです。

役者さんが花道を出入りするときは花道上で演技するので(7番~の右側を向いて演技するのがほとんど)、間近でみたい人や、演目によって花道上での演技がとてもおもしろい場合(例えば助六とか)は、特におすすめです。

特に2列~6列あたりの花道だと、花道での芝居を真下から見上げる感じで、いいものを見れますよ。

至近距離で、化粧の様子や衣裳の素晴らしさなども、十分堪能することができます。

役者さんによっては、匂いまで香ってくることも。

 

実際に1階席3列7番に座った方は、

花道真横で目が♡に(笑)

と喜んでましたよ。

 

他にも、

1階花横に陣取りました。とにかく良い席はそれだけのことがありますね、の連続でした。日頃の憂さが晴れました

という方も。

 

↓すぐ横ではないですが、、、花道が近いとこんな見え方です

 

この投稿をInstagramで見る

 

kinzo(@iwasaki4832)がシェアした投稿

 

↓こちらは1階席17列の花道横

目の前を何回も役者さんが通り過ぎていったら、大興奮ですね~。

 

チケットぴあ

歌舞伎座 1階席は座席が広い

歌舞伎座の1階席は、上階に比べて座席の幅が広いです。

 

普段3階席ばっかりなので、1階席に座ると足がゆったりできてすごくリッチな気持ち

1階1等席、前の椅子との間隔が広くて楽ちん。階が上がるごとに狭くなります・・・

歌舞伎座の1階席に初めて座ったんですが、席がめっちゃ広い! 3階席なんて膝が前の背もたれにこすり付くんです

歌舞伎座は座席空間の快適さと値段が比例します

 

席のお値段というのは、舞台までの距離だけではないんですね。

ゆったり座りたい方は、1階席正面、そして次の項の桟敷席がおすすめです。

スポンサーリンク


歌舞伎座 座席見え方 1階桟敷席

桟敷席は、舞台に向かって左右の壁にそって20席ずつ並んでいます。

座席がゆったりしていて、靴を脱いでくつろぎながら観劇できます。

机もついているので、幕間のお弁当やお茶も優雅にいただけますよ。

1階席よりも一段高いところにあって(花道とほぼ同じ高さ)、見晴らしもいいため、一度は座ってみたいという方も多いはず。

 

↓この画像の右端に写っている一段高い席が桟敷席です。

こう見ると、なんとなく審査員席みたいな雰囲気(笑)。

 

難点は、舞台から少し遠いというところでしょうか。

また、ななめから舞台を見ることになるので、舞台の演技は正直あまり見やすくありません。

特に1番とかの端だと舞台に対する角度がキツくなります。

その分、舞台には近くなりますが。

スポンサーリンク


歌舞伎座 座席見え方 1階桟敷席(東)

実際に東の桟敷席で見た方は、

上手の端っこが見えづらい

と話していました。

足が不自由とかでなければ、1階席の正面の方がいいかな

とのことです。

 

1階桟敷席(東)からの見え方

 

この投稿をInstagramで見る

 

橘悦子(@yueziju)がシェアした投稿

↑ただ、こうやって見ると、桟敷席は1階席正面より本当に一段高いので、

1階席正面特有の、

傾斜が弱いため、前の人の頭が気になることがある!

というのがなくて良いですね!

ななめから見ることにはなりますが、視界は良好です!

 

歌舞伎座 座席見え方 1階桟敷席(西)

西の桟敷席も、舞台の見え方は基本的に東の桟敷席と同じです。

ですが、花道の見え方が変わってきます。

西の桟敷席からだと、花道上での演技は近くで見ることができます。

ただし、花道上での演技は、多くの場合、劇場の中央に向かって演技するので、残念ながら西の桟敷席には背を向けることが多くなります(;;)

 

↓二階席・三階席・幕見からの見え方については、こちらをご覧ください。

歌舞伎座の二階席・三階席・幕見は見やすい?見え方を徹底解説します!
歌舞伎座の二階席・三階席・幕見の見え方についてまとめてみました。 ・1階席じゃなくても大丈夫? ・舞台は遠くない? そんな疑問をお持ちの方の参考になればと思います。 歌舞伎座 1階席正面と桟敷席からの...

スポンサーリンク


ライブ・観劇には双眼鏡が便利!

1階席後方・2階席・3階席、、、など、肉眼で演者をハッキリ確認できるか不安な場合は双眼鏡を用意しておくといいですよ~。

 

近い席の場合でも、

このシーンはどうしてもアップで見たい!

なんていう場合は双眼鏡が大活躍します。

 

小型・軽量・持ち運びしやすい・安心メーカー、のものが個人的におすすめです。

 

チケットと宿泊先

チケットはこちらから

チケットを探す チケットぴあで探す
e+(イープラス)で探す
ローソンチケットで探す

 

宿泊先はこちらから

宿泊先を予約 楽天トラベルから予約
じゃらんから予約
dトラベルから予約

 

タイトルとURLをコピーしました