浅草公会堂|1階席からの見え方はどんな?2階席や3階席は?

東京

古くから演芸の町として庶民に親しまれている浅草。

その中でも、浅草ゆかりのスターの手形が入り口にズラリと並ぶ『浅草公会堂』は、人気の高いスポットのひとつとなっています。

 

今回は、この『浅草公会堂』の座席からの見え方、特に1階席からの見え方を重点的にまとめてみました。

今後行かれる方の参考になればと思います。

 

それでは、まずは座席表からチェックしてみましょう!

 

スポンサーリンク

浅草公会堂 座席表

出典:台東区立浅草公会堂公式サイト

↑浅草公会堂 座席表です。

浅草公会堂は1階席~3階席まであり、前後はあいうえお順、左右は番号順の座席表記となっています。

1階席は「あ列」~「た列」までの16列。

2階席は「ち列」~「の列」までの9列。

3階席は「は列」~「ほ列」までの5列。

左右は全ての階で、一番おおいところで1番~40番までの40座席。

 

キャパは、1階席:557席、2階席:336席、3階席:189席、

合計:1,082座席です。

 

浅草公会堂 座席表 花道ありの場合

花道ありの公演の場合は、1階席のおもに10番~14番が花道に変わります。

上図は浅草公会堂の1階席の座席表を切り取ったものですが、赤い斜線部分の座席が花道に変わることになります。

なので、その分の76座席が減ることになります。

 

浅草公会堂は、

施設が古すぎる

という声もたまに聞かれますが、

 

座席からの見え方については、全体的には、

舞台と客席が近くて見やすかった

どの席も見やすく設計されている

という声が多いです。

 

それでは、以下に1階席からの見え方を詳しく解説します。

スポンサーリンク


浅草公会堂 1階席からの見え方

浅草公会堂の1階席は、

どこからでもオペラグラス無しでよく見える

と言われています。

 

が、前方の席は近すぎるので、

舞台に高さがあって、1階席の前の方からは見上げることになって見づらい

前方の席は見上げ続けることになるので疲れる

という感想の方も。

 

↓こちらは、1階席前方やや上手寄りからの見え方です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Toshifuyu Shiroyamaさん(@dj_shiro_tokyo)がシェアした投稿

たしかに舞台の位置が高いですね・・・。

最前列(あ列)だと、座高の低い方は舞台よりも自分の頭の位置の方が低くなる可能性も!?

 

↓こちらは、1階席え列からの見え方(6枚目)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Rieさん(@rieriet68)がシェアした投稿

え列(4列目)から見ても、舞台上の演者の顔を見るには、見上げる形になりそう。

 

中には、

2階席の前方の方が見やすいかも

と言っている方もいるくらいなので、首に不安がある方は、1階席の前過ぎる席は避けた方が無難かもしれません・・・。

 

それか、前の方であっても、

1階席の最前列(あ列)の端の方でしたが、わりと見やすかった

という感想の方もいますし、

端席なら舞台中心まで距離ができるので、見上げる感じもそこまで強くならないかと思います。
(その分、斜めから見る形にはなってしまいますが・・・)

 

まあそれでも、1階席前方というのは、演者さんを至近距離で見ることができるし、臨場感や迫力も半端ないので、個人的には座ってみたいエリアではありますね!

スポンサーリンク


 

あと、浅草公会堂の1階席は、

傾斜が弱い

と言われています。

 

そのため、

自分の前に大きな人が座ったら見えなくなるかも

前の人の頭がじゃまで見づらい

前の人の頭で舞台が見えない

傾斜がゆるくて、前席の人の頭でステージが見えない

という口コミがけっこう多いです(;;)

 

このあたりは運みたいなものもあったりするので、一概には言えないですが、どうしても不安な方は2階席にするのも手だと思います。

 

以上2点、

●前の方は見上げることになり、首がツラくなることがある
●傾斜が弱いため、前の方の頭で見づらくなることがある

 

が気にならなければ、浅草公会堂の1階席は概ね見え方が良いですよ~。

 

1階席中ほどからの見え方

 

この投稿をInstagramで見る

 

Eiji Uchidaさん(@uchida_eiji)がシェアした投稿

 

1階席後方からの見え方

 

この投稿をInstagramで見る

 

ちはる 藤井さん(@chiharu0425)がシェアした投稿

スポンサーリンク


 

※花道がある公演の場合は、

花道よりも左側の席(1番~9番)

はなるべくなら避けた方がいいかなと思います。

 

なぜなら、花道で演技をするときは右側(15番~40番)を向いて演技をするのがほとんどだからです。

実際、1階席し列1番に座った方も、

残念ながら、花道に立つ役者さんはほぼ後姿しか見えません・・・

と言っていましたから(;;)

それでも舞台はちゃんと見えるので、あくまで花道での演技が後ろ姿になってしまうだけですけどね。

 

花道より右側で、かつ花道に近い席(15番~18番くらい)だと迫力満点で楽しめると思いますよ~。

チケットぴあ

浅草公会堂 2階席からの見え方

浅草公会堂は2階席も概ね評判がいいです。

 

2階席の最前列(ち列)だった方は、

「眺めが良かったです」

とのことでしたし、

 

2階席の後方の席だった方でも、

上から覗き込むような感じで見えにくいかと心配していましたが、思ったよりも見下ろす感じがゆるやかで見やすかった

とのことでしたよ~。

 

気になる花道については、

2階席の前方の席なら花道の七三は問題なく見れる

と思われます。

 

場所によっては、花道の手前半分くらい見切れると思います。

 

浅草公会堂 3階席からの見え方

浅草公会堂は3階席も好意的な感想が多いです。

 

3階席でも舞台もしっかり見えた

3階席でしたが見やすかったです

 

3階席からの見え方(2枚目)

 

この投稿をInstagramで見る

 

いいじま ちえさん(@chie_nato)がシェアした投稿

↑この方も、

3階席だから遠いかなと思ったけどしっかり見れた

とのことでしたよ~。

 

ただ、お笑いライブなど花道が無い公演は大丈夫ですが、花道がある場合だと花道の手前側がけっこう見切れることにはなりますね・・・。

 

あと、全体的に口コミが良い3階席ですが、

3階席の1列目(は列)は手すりの問題で避けることにしています

3階席の最前列(は列)は前の手すりでちょっと見にくい

3階席の一番前の席からは舞台が見にくい

と、最前列(は列)だけは舞台が見づらいという声が多いのでご注意です。

スポンサーリンク


ライブ・観劇には双眼鏡が便利!

1階席後方・2階席・3階席、、、など、肉眼で演者をハッキリ確認できるか不安な場合は双眼鏡を用意しておくといいですよ~。

 

近い席の場合でも、

このシーンはどうしてもアップで見たい!

なんていう場合は双眼鏡が大活躍します。

 

小型・軽量・持ち運びしやすい・安心メーカー、のものが個人的におすすめです。

 

チケットと宿泊先

チケットはこちらから

チケットを探す チケットぴあで探す
e+(イープラス)で探す
ローソンチケットで探す

 

宿泊先はこちらから

宿泊先を予約 楽天トラベルから予約
じゃらんから予約
dトラベルから予約

 

タイトルとURLをコピーしました