シアタークリエ座席からの見え方をまとめてみた!12列目がおすすめ

東京

 

シアタークリエ』の座席からの見え方を詳しく調べてみました。

画像だけでなく実際の口コミも多数掲載しています!

 

東京、日比谷にある劇場『シアタークリエ』。

小ぶりながらも、良質な演劇やミュージカルが見れるとあって人気の高い劇場のひとつです。

 

『シアタークリエ』まで見に行くとなると気になるのがその座席からの見え方。

そんな方のために、この記事では『シアタークリエ』の座席からの見え方エリア別に詳しくまとめました。

これから見に行かれる方は参考にしてみてください。

 

それではまず座席表から確認してみましょう。

 

スポンサーリンク

シアタークリエ 座席表

↓シアタークリエの座席表です。

出典:シアタークリエホームページ

 

前後22列、左右(多いところで)29席、よくあるタイプの縦長長方形の劇場です。

 

座席数は609席

 

近くに東京宝塚劇場や日生劇場がありますが、それと比べたらかなり小さい印象ですね。

 

その分、アットホーム感があり一体感が生まれやすい劇場と言われています。

座席数が少なく箱も小さいため、臨場感は抜群です。

 

↓ホール全体の雰囲気はこんな感じです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

青木さやかさん(@sayaka___aoki)がシェアした投稿

いい雰囲気ありますね~。

 

『シアタークリエ』の劇場全体のだいたいの大きさ・キャパ・雰囲気はなんとなく把握できたと思います。

が、各エリアごとの見え方は実際どうなのか?

気になりますよね。

 

それでは以下に、前列から順に見え方を詳しくご紹介します!

実際に『シアタークリエ』に行ったことがある方の感想や口コミをたくさん掲載しておりますので、参考にしてみてください。

スポンサーリンク


シアタークリエ 座席見え方 1列目~4列目

1列目~4列目は、当然ながらステージから超近いです!

 

例えば、

1列目11番はこんな見え方

 

この投稿をInstagramで見る

 

玉淨花明(@yujinghuaming)がシェアした投稿

 

2列目に座ったことがある方は、

会場がすごく狭いので、ステージとの距離はかなり近い。目の前にいるって感じです

と感想を述べていましたよ~。

 

ただ、4列目までは傾斜がほぼない感じで、目の高さが演者の足元くらいになるので、

けっこう見上げる感じになって少し見づらい

という方もいます。

 

特に、ステージの天井近くまで高くセットが組まれたりして、演者がその上にいたりすると、見上げる感じがさらに強くなることも。

 

それでも、やはり間近でみる演技は迫力や臨場感が違いますし、好きな俳優さんがいたりするならぜひ間近で見てみたいですよね~。

なので、個人的にはぜひ座ってみるべきエリアだと思いますね!

 

チケットぴあ

シアタークリエ 座席見え方 5列目~11列目

シアタークリエは、5列目から床に段差がつきます。

 

ただし、なかなか緩やかな段差なので、5列目6列目くらいだと、

ところどころ、前の人の頭で見えない箇所がありました

という方もいたりします。

センターブロックの席は座席が千鳥配列(前後と互い違い)になってるので、終始ずっと見づらいことはないと思いますが、念のため、ご自身の座高が低めの方は考慮しておいた方がいいですね。

 

それ以外では、5列目~11列目は非常に見やすいです。

 

実際、8列目のセンターで見たという方は、

目線の位置がちょういい高さで、すごく見やすかった!

と言っていましたし、

 

8列目の通路側だった方も、

想像以上によく見える席で、さらに通路側だったのでメンバーに触れることもできた!

と嬉しそうでしたよ~。

 

もう少し後方の10列目でも、

近かったです

という感想が見られたので、全体的におすすめのエリアだと思います。

スポンサーリンク


シアタークリエ 座席見え方 12列目~15列目

シアタークリエは、12列目以降になるとしっかり段差がついてくるので、12列目~15列目はとても見いやすいという声が多いです。

 

特に12列目!

12列目はおすすめです。

前が通路なので視界が開けている

12列目から段差がきつくなっている

ので、小さめの方でもよく見えるからです。

 

そして、肉眼で演者の表情までわかるのも12列目あたりまでかな・・・と言われています。
(視力にもよりますが)

 

12列目では、

オペラグラスを使わず見れました

という口コミがありますが、

 

それより後方だと、

双眼鏡を使って見ています(視力はコンタクトをつけて0.9)

15列目に座ったときはオペラグラスを使いました

という声が増えてきます。

 

まあ、中には、

15列目ぐらいまでは肉眼でも表情は微妙に見える

とう方もいるので、本当にこの辺り12列目~15列目くらいが肉眼orオペラグラスの境界エリアなんだと思います。

(→ ライブ・観劇には双眼鏡が便利!

 

15列目18番からの見え方

 

この投稿をInstagramで見る

 

玉淨花明さん(@yujinghuaming)がシェアした投稿

どうですかね~。

↑視力2.0(遠視)の私ですが、この距離なら時々双眼鏡・オペラグラス使いたくなりそうです・・・。

スポンサーリンク


シアタークリエ 座席見え方 16列目~22列目

16列目~22列目は後方エリアになります。

シアタークリエは箱が小さいとはいえ、これくらいの後方席からはそれなりにステージが遠くなります。

肉眼で役者さんの表情を見るのは厳しい

という声が多数です。

 

19列目で見た方も、

表情はほとんどわからなかった

とのことでしたし、

同じく19列目で13番だった方も、

やはり出演者の表情は見えづらかった。双眼鏡は持って行った方がいいです

とのことでした。

 

19列目からの見え方

 

20列目の方なんかは、

オペラグラスを構えたまま見ていた感じ

だったそうです・・・。

(→ ライブ・観劇には双眼鏡が便利!

 

 

最後列の22列目も、

けっこう遠いです。舞台はちゃんと見えますが、人物は小さい

と言っていたので、やはり距離を感じるようですね。

 

それでも、大きなホールに比べれば十分見やすいことはたしかです。

スポンサーリンク


シアタークリエ 座席見え方 補助席

補助席は最後列(22列目)の後ろになります。

22列目との段差はないので、前に大きい方が座った場合は見えにくくなる可能性も。

また、前の通路を、スタッフさんや他のお客さんが通ることもあります。

 

シアタークリエ ボックス席からの見え方

シアタークリエには、ボックス席が6席だけあります。

2階席と言ったらいいんでしょうか・・・、少し高い場所にあります。

 

↓こんなお席です

1つのボックス席には2席並んでいて、カップル席のような感じですね。

 

端から舞台を斜めに見下ろすような位置に設置されていて、他の座席と違って斜め上から見る形になるので、多少自分側に見切れが生じたり、正面からとは違う見え方になってしまいます。

それでも、かなり特別感のある席ですし、時々、有名人もここで観覧したりするらしいですよ~。

スポンサーリンク


まとめ

以上、エリア別にシアタークリエの座席からの見え方をまとめてみました。

細かく分けると、とても見やすい席、ちょっと肉眼では見にくい席とありますが、

大前提として、

シアタークリエは小さめの劇場なので、どこからでも比較的近くて見やすい

と言われているので、どのお席からでも楽しめると思いますよ~。

 

行かれる方は、ぜひ楽しんできてくださいね~。

ライブ・観劇には双眼鏡が便利!

1階席後方・2階席・3階席、、、など、肉眼で演者をハッキリ確認できるか不安な場合は双眼鏡を用意しておくといいですよ~。

 

近い席の場合でも、

このシーンはどうしてもアップで見たい!

なんていう場合は双眼鏡が大活躍します。

 

小型・軽量・持ち運びしやすい・安心メーカー、のものが個人的におすすめです。

 

チケットと宿泊先

チケットはこちらから

チケットを探す チケットぴあで探す
e+(イープラス)で探す
ローソンチケットで探す

 

宿泊先はこちらから

宿泊先を予約 楽天トラベルから予約
じゃらんから予約
dトラベルから予約

 

タイトルとURLをコピーしました