東京ドームシティホール|アリーナ見え方徹底解説!段差や座席はどう?

東京

 

東京ドームシティホールの座席からの見え方や段差を徹底解説します!

画像だけでなく実際の口コミも多数掲載しています!

 

東京ドームシティホールには、

アリーナ

第1バルコニー

第2バルコニー

第3バルコニー

とありますが、今回はアリーナ』について解説いたします。

 

↓第1バルコニー、第2バルコニー、第3バルコニーについてはこちらにまとめてあります。

東京ドームシティホール第1第2第3バルコニーの見え方を徹底解説!
『東京ドームシティホール』の、 ・第1バルコニー ・第2バルコニー ・第3バルコニー について、座席からの見え方を徹底解説します! 画像だけでなく、実際の口コミも多数掲載しています! 東京...

 

スポンサーリンク

東京ドームシティホール 座席

東京ドームシティホールの座席は、以下のようになっています。

出典:東京ドームシティホール 施設・座席案内ページ

 

わかりやすくいうと、(実際は、アリーナは地下3階ですが)、

アリーナ・・・・・1階席

第一バルコニー・・2階席

第二バルコニー・・3階席

第三バルコニー・・4階席

というイメージでしょうか。

 

↓ホール全体の雰囲気はこんな感じです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

なつちゅ(@natutyu)がシェアした投稿

一番下の、大勢いる平らな感じのエリアがアリーナですね。

 

アリーナは、

スタンディング

着席

どちらのパターンもありますが、この記事では、着席の場合をメインに解説します。

 

↓着席の場合は、アリーナにこのようにシートが配置されます。

スポンサーリンク


東京ドームシティホール アリーナ 座席表はどうなっている?

アリーナの座席配置は公演によって異なります

 

↓よく見るパターンとしては、この18列配置でしょうかね。

↑チケットサイトなどに掲載されている東京ドームシティホールのアリーナの座席表も、この18列パターンが多いと思います。

 

しかし、実際の座席配置は公演によってまちまちで、

↓例えば、こんなパターンもあったりします。

こんな感じの14列配置だと、

列数減らして前後に余裕あって見やすい

と好評ですね。

 

↓あと、こんな場合もあったり。

これだと、ステージは前に張り出しているし、サイドブロックは座席が真横を向いていたりしますね。

 

このように、東京ドームシティホールのアリーナの座席配置はいろんなパターンがあるので、必ずご自身の行かれる公演での座席表を確認するようにしてくださいね。

スポンサーリンク


東京ドームシティホール アリーナ 段差はある?

で、座席配置が公演によって変わる東京ドームシティホールのアリーナですが、当然、段差も公演によって異なります。

 

口コミを探してみても、

奇数列に段差あり

今回は椅子あり段差なし

2列ごとに段差あり

1〜8列までフラット、私の9列目に段差ある!

など、本当にさまざま。

 

なので、座席表同様、段差についてもご自身の行かれる公演ごとに確認された方がいいですね。

 

一応、東京ドームシティホールに問い合わせてみたところ、

●基本的にアリーナの床はフラット(スタンディング時もフラット・段差なし
コンサートの場合はフラットな床にそのまま椅子を並べることが多い(よって段差なしが多い
ミュージカルの場合は主催者側の判断で段差をつくることがある

とのことでした。

 

もちろん、違う場合もあると思いますので、行かれる公演ごとに確認してくださいね~。

スポンサーリンク


東京ドームシティホール アリーナ 見え方

さて、気になるアリーナからの見え方ですが、実際に行った方の感想と画像をもとに以下にまとめてみました。

アリーナ 前列は見やすい!

もちのろん、前列はステージが近くて見やすいです。

 

アリーナ1列目20番台で見た方は、

かなりの良席!距離感は、AKB劇場の近さを軽く上回るかも

と感想を述べていました。

 

アリーナ2列目の方も、

顔もはっきり見えたし、すごく近くで満喫できました

信じられない近さで見れて最高でした

今までにないくらいの近さで○○さんを見て、笑顔もいただきました

と喜んでいましたよ~。

 

アリーナ最前からの見え方(左の画像)。ちなみに右の画像は第1バルコニーからの見え方。

 

中には、アリーナ3列目で、

ステージを見るには上に見あげなきゃいけなくて、首がシんだ

という方もいましたが、なんとも贅沢な悩みですな(笑)。

 

チケットぴあ

アリーナ 段差がないところは見づらい・・・

段差がない席になると、残念ながら見づらいという声が多いです。

 

アリーナで段差が無い席に当たると最悪・・・。席は前の方でも前の人の頭で舞台が半分くらい見えない

アリーナ席、傾斜がないので前に大きな人がいると見づらい

舞台との距離は近いけど、アリーナはフラットなので、場所によってはかなり見づらい

アリーナ席は平坦で、背の高い人が前にいたので、スクリーンすら見えづらかった

アリーナど真ん中あたりでしたが、男性客に埋もれてステージが見えなかった・・・

など(;;)

 

 

距離的には近い

小さめのホールなので、距離的にはステージに近いです。

例えば、アリーナ10列目だった方でも、

良い距離で見れました

と言っていましたから。

 

アリーナ10列目真ん中あたりからの見え方(ちょっと暗くて見にくいかな!?)

10列目でこれなら十分近いですよね!

 

↓こちらはもう少し後方かな

 

他にも、

アリーナは後ろの席でもステージが近くていい

アリーナ席の最後列でもアーティストが近くに見える

という方もいたので、距離的には申し分なさそうです。

 

ただやはり、何度もいいますが、段差に恵まれないと見づらくなります。

 

アリーナ14列30番台で最後列だったという方は、

双眼鏡使わなくても見えますが・・・

フラットだから、背が小さい方は前の方によっては見えづらいと思う

と言っていました・・・(;;)

 

近いのに見えないってツラいですね・・・。

 

アリーナ18列目で最後列からの見え方

 

それでも、やはりアリーナは臨場感が違いますよね!

多少見えないことがあっても、臨場感や一体感を味わいたいなら、アリーナがおすすめ!と個人的には思いますよ~。

 

では、行かれる方は楽しんできてください。

 

↓第1バルコニー、第2バルコニー、第3バルコニーからの見え方はこちらにまとめてあります。

東京ドームシティホール第1第2第3バルコニーの見え方を徹底解説!
『東京ドームシティホール』の、 ・第1バルコニー ・第2バルコニー ・第3バルコニー について、座席からの見え方を徹底解説します! 画像だけでなく、実際の口コミも多数掲載しています! 東京...

 

スポンサーリンク


ライブ・観劇には双眼鏡が便利!

1階席後方・2階席・3階席、、、など、肉眼で演者をハッキリ確認できるか不安な場合は双眼鏡を用意しておくといいですよ~。

 

近い席の場合でも、

このシーンはどうしてもアップで見たい!

なんていう場合は双眼鏡が大活躍します。

 

小型・軽量・持ち運びしやすい・安心メーカー、のものが個人的におすすめです。

 

チケットと宿泊先

チケットはこちらから

チケットを探す チケットぴあで探す
e+(イープラス)で探す
ローソンチケットで探す

 

宿泊先はこちらから

宿泊先を予約 楽天トラベルから予約
じゃらんから予約
dトラベルから予約

 

タイトルとURLをコピーしました