豊洲pitのキャパ・見え方・座席表・段差を徹底解説!指定席の場合も

東京

 

ライブや舞台が楽しめる『豊洲pit』。

チケットを入手して気になるのはその座席からの見え方ではないでしょうか??

 

スタンディングだけどちゃんと見えるかなあ・・・

指定席だけど自分の列からの見え方が気になる

 

そんな方はぜひ参考にしてみてください。

 

スタンディングの場合

指定席の場合

と分けてまとめてあります。

 

スポンサーリンク

豊洲pit 座席表とキャパ(スタンディングの場合)

まずは座席表をチェック!

豊洲pitの座席表(スタンディングの場合)は以下の通りです。

出典:豊洲pit 公式サイト

 

スタンディング時のキャパは、

合計:3,103人です。

 

整理番号順に入場し、空いているエリアから立つ場所を選んでいきます。

前の方から埋まっていくことが多いです。

 

豊洲pit 段差(スタンディングの場合)

豊洲pitのフロアの段差は2か所あります。

↑座席表に段差の記載があります。

青い丸印をつけた列に段差(30cm)がついています。

青線2か所が段差最前列ですね。

 

身長が低めの方など、スタンディング群衆に埋もれて見えなくなるのが不安な方は、なるべく段差最前列を狙うといいでしょう。

スポンサーリンク


豊洲pit 見え方(スタンディングの場合)

豊洲pitのスタンディングの場合の見え方は、当然ながら場所によって違いがあります。

 

段差最前列近くに位置取りできた方は、

段差がついているので見やすかった

前エリアより少し高くなっているところで見たら見やすかった

となりますが、

 

段差最前列から離れてしまうと、

前の方でもステージはほとんど見えなかった

フラットな立ち見と同じ状況になるので場所によってはほとんどステージが見えないのが難点

ということになってしまいます(;;)

 

実際に行ったことがある方の情報だと、

段差的に1段目、2段目、3段目とありますが、2段目の最前がオススメ!
出遅れたときは後ろから2ブロック目の前方が段差があって狙い目
身長が低い人は無理して前に行こうとしない方がいい。最前ブロックでも3列目あたりから見えにくくなるので、最前が無理だと思ったら段差のある所から見た方がいい

 

ということで、

確実に見れるようにしたいのであれば、特に身長の低い方はなんとしてでもなるべく前へ行こうとするのではなく、最前列~3列目くらいがとれなければ前方ブロックはあきらめて、2段目か3段目の段差最前を狙った方が良さそうです。

 

それでももちろん、なんとしてでもなるべく前で見たいという方はもちろん前を狙うもアリです!

ちなみに、幅の広い会場なので、横に60~70人くらい並ぶことができます。

ご自身の整理番号からだいたい何列目くらいに行けるか予想して参戦すると良いですよ~。

 

以下に、実際の見え方についての詳しい口コミ画像をあげておきます!

 

チケットぴあ

まずは、前方ブロック

最前列や2列目は当然見やすいです!

 

最前列を取れた方は、

整理番号A9番、最前という幸運!

と興奮していましたよ。

 

最前列からの見え方

 

この投稿をInstagramで見る

 

HIR♡KA(@sj1117hi0908)がシェアした投稿

 

2列目も

2列目とてつもない近さ!ずっと見れて幸せすぎ

とのこと。

羨ましいですねぇ。

 

前方ブロックは他にも、

前方のブロックではステージとの距離も近く、とても見やすかった

B500番台で入場、前から2つ目の左柵2列目をとれました。見え方は良好で、足先までは見えないくらいですが、個人的にはここまで近くで見れれば文句なしです

とか、

8列目ぐらいで、わりと人に囲まれてしまってましたが、ステージが広かったおかげかとても見やすかった

という感想も。

 

あくまで、その方の身長やポジション取りにもよると思いますが、前の人に視界を遮られなければ、

近い=見やすい、のでしょう。

 

ただし、

端の位置だと、

4列目でやっほー!と浮かれてたけど、アンプが目の前、ステージは横からかなり鋭角に見る位置

とのことで、あまりよろしくないので、なるべく中央ブロックがおすすめですね。

 

↓前方ブロックからの見え方

 

この投稿をInstagramで見る

 

nagayo💛ひょま好きぴ(@na_supdora.sukipi)がシェアした投稿

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

erika asahi(@asherika)がシェアした投稿

スポンサーリンク


中盤は・・・

中盤は、段差が始まるところなら見やすいですが、場所によってはちょっと厳しそう。

 

中盤でも身長154cmではステージ上の出演者は見れませんでした

豊洲PITの真ん中の端っこにいたけど、位置取りをミスったせいもあり、ステージ上にあるスクリーンまでも見えない!

ステージが低いので、中列だと身長165cmの私ではアーティストの胸より上しか見えない

 

身長が高くて(170cm以上くらいかなぁ)、前方にも大きな人がいなければ問題ないと思いますが、小さめの方や、普通くらいでも前に大きな人がいれば見づらくなりますね。

 

↓中盤からの見え方

 

後方は!?

後方は、位置取りをうまくすれば(段差最前列になるべく近づけば)見やすいです。

 

実際、後方でも

段差があるので位置取りをうまくすると、後方でもステージがちゃんと見えます

と言っている方がいましたよ。

 

ただ、やはり位置取りがイマイチだど、

後ろすぎてメンバー全然見えんかった

柱などの遮蔽物もないので全体的には見やすい造りですが、最後列とかだと女性だと若干見づらい

整理番号1800で入場。既に後ろのブロックしか空いてなくそこで見ました。スタンディングなんてどこも同じようなものかとも思いますがステージはよく見えませんでした。ステージまでの距離も遠かったです

と、当然ながら見え方はイマイチになっちゃいますね・・・。

 

まあ、それでも、

ところどころは見えたけど

という方がほとんどだとは思いますが・・・。

 

↓後方からの見え方

 

(→ ライブ・観劇には双眼鏡が便利!

 

スポンサーリンク


豊洲pit 座席表とキャパ(指定席の場合)

続いて、指定席の場合です。

豊洲pit、指定席の場合の座席表は以下の通りです。(※一例です)

出典:豊洲pit 公式サイト

 

※上の座席表はあくまで一例です。

座席配置は公演によって異なるので、各公演主催者に問い合わせて確認するようにしてください。

 

指定席の場合キャパ合計:1,328席です。

スタンディング時よりかなり少なくなりますね。

 

豊洲pit 段差(指定席の場合)

豊洲pitの段差は、指定席の場合も変わらず2か所です。

↑指定席の場合も、座席表に段差の記載があります。

青い丸印をつけた列に段差(30cm)がついています。

なので、上の座席配置の場合だと、11列目と21列目に段差がついていることになります。

 

スポンサーリンク


豊洲pit 見え方(指定席の場合)

指定席はスタンディングの場合と違って、

一応、どこでもだいたい見れる

と言われています。

 

前方は素敵!

前方はもちろん見え方抜群です。

 

最前列だった方は、

カッコいい熟年たちを堪能できました。最高かよ!

最前列めちゃくちゃ近かった。普段は見れない光景! 表情がしっかり見られて良かった!

と大満足のご様子。

 

他にも、4列目

良席。表情がはっきり見えた

 

5列目

良い席で堪能できた

と、良い感想が多いです。

 

↓前方からの見え方

ただ、

全体的に見やすい会場でしたが、1桁列の端寄りだとステージも左右モニターもちょっと見づらい

むしろ端席なら中後列の方がいいかも

という声もあったので、前方の端席はちょっと要注意ですね。

スポンサーリンク


中盤は?

中盤もまずまず良さそうです。

特に11列目は、

この列から段差がつくから、前の人の頭が邪魔にならなくて見やすい

ですよ。

 

あと、14列目くらいでも、

これはこれで全体をよく眺められそう

という口コミがあったので、なかなか良さそうです。

 

↓中盤からの見え方

 

この投稿をInstagramで見る

 

유미(@yumilky_g)がシェアした投稿

 

後方はやはり遠い!?

後方は、残念ながら『遠い』とか『見えにくい』という声が多いです(;;)

 

19列目

ステージが遠く感じました

 

20列目32番

あと1列後ろだったら段差があったのに・・・。残念ながら半分くらいしか見えませんでした

 

22列目

普段ライヴハウスで見慣れてると、遠く感じます

 

↓後方からの見え方

 

段差のところや、通路側なら視界が良好で見やすいんですけどね・・・。

だいぶ後ろの席だったのですが通路端で見やすかった

後ろの方の席だけど、1段高くなっていて見やすい

 

↓後方からの見え方

 

この投稿をInstagramで見る

 

sanae ishida(@hyunsanae)がシェアした投稿

 

特に最後列の方は、

心配していた通り、見えたのは上半身だけ。スタンディング状態になったら、もう顔だけが見えたり見えなかったり(涙)

最後列の指定席、何も見えなさ過ぎて辛かった

と、あまり見え方がよろしくないようです・・・(;;)

スポンサーリンク


ライブ・観劇には双眼鏡が便利!

1階席後方・2階席・3階席、、、など、肉眼で演者をハッキリ確認できるか不安な場合は双眼鏡を用意しておくといいですよ~。

 

近い席の場合でも、

このシーンはどうしてもアップで見たい!

なんていう場合は双眼鏡が大活躍します。

 

小型・軽量・持ち運びしやすい・安心メーカー、のものが個人的におすすめです。

 

 

チケットと宿泊先

チケットはこちらから

チケットを探す チケットぴあで探す
e+(イープラス)で探す
ローソンチケットで探す

 

宿泊先はこちらから

宿泊先を予約 楽天トラベルから予約
じゃらんから予約
dトラベルから予約

 

タイトルとURLをコピーしました