NHK大阪ホール|座席からの見え方は?2階席について解説。

大阪

 

わんわんコンサートを始め、人気のコンサートが多数開催されるNHK大阪ホール。

チケットを取った後、または取る前に気になるのはその座席からの見え方ではないでしょうか。

 

「2階席しか取れなかったんだけど、ちゃんと見えるかなあ・・・」

「2階席で楽しめるんだろうか・・・」

 

そんな方のために、NHK大阪ホール2階席からの見え方について解説します。

これから行かれる方の参考になると嬉しいです。

 

↓ちなみに1階席からの見え方については、こちらにまとめてあります。

NHK大阪ホール|座席からの見え方徹底解説。1階席からの見え方は?
屈指の見やすさと音響設備を誇ると言われるNHK大阪ホール。 今回は、1階席の各エリアからの見え方は実際どうなのか?を、まとめてみました。 ↓ちなみに、NHK大阪ホール2階席からの見え方はこちらにまとめてあります。...

 

NHK大阪ホール公式の「座席検索」のページに行くと、座席からの実際の見え方を画像でチェックすることができます。

 

スポンサーリンク

NHK大阪ホール座席表

 

↑NHK大阪ホールの座席表です。

下半分が2階席です。

2階席は真ん中の「M列」エリアと、左端と右端の「BL列」エリア・「BR列」エリア、計452席あります。

NHK大阪ホール全体では、1階席や車椅子席を含めると1417席です。

 

↓舞台から見たホール全体です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ikuko(@ikuko0325)がシェアした投稿

2階席はけっこう高い位置にあるのがわかりますね。

 

それでは、2階席の各エリアからの見え方について解説します。
スポンサーリンク


NHK大阪ホール 座席 M1~M6列からの見え方

 

M1~M6列は、2階席のセンターエリアの前から6列です。

このエリアは、

2階席でもまあまあよく見えた

という声が多いです。

 

2階席最前列(M1列)だった人は、

個人差はあると思うが普通に見える

と言っていましたし、

 

2階席M4列30番だった人は、

NHK大阪ホールは座席の傾斜もあるので2階席でも見やすい

とのことでした。

 

ただ、やはりそれなりに距離があるので、はっきりと演者の表情が見たいという方はオペラグラスを用意した方がいいでしょう。

(→ ライブ・観劇には双眼鏡が便利!

スポンサーリンク


NHK大阪ホール 座席 M7~M11列からの見え方

 

M7~M11列は、2階席のセンターエリアの前から7列目以降です。

2階席の後方、NHK大阪ホールの中だと舞台から一番遠いエリアになるので見にくいかな?と思いましたが、意外とそうでもなさそうです。

 

勾配がついているので舞台はよく見えました。

ホールはこじんまりとしていて後ろでも角度があるので2階でも見やすかった。

という声がけっこう多いです。

 

特にM7列については、

前に柵と通路があって人がいないから気が楽です

とか、

場所としては最後列から5列目になるんですが、通路のすぐ後ろというのと、NHK大阪ホールはかなり小さいので、ほかのホールに比べれば見辛い事はなかった

と、好意的な意見が多いです。

 

またM8~M10列についても、

8~10倍の双眼鏡があれば十分です

という声がありますし、

 

中にはM10列でも、

舞台が裸眼で見えた

という人がいました。

多分、視力が相当いい人だと思いますけど(笑)。

スポンサーリンク


もちろん見づらかったという意見もあります。

 

最後列のM11列なんかは特に、

「それなりに遠い」

「表情を確認するのは厳しい」

「建物の4,5階から見下ろすような高低差がある」

「正直、初めてだとかなりの距離感を覚えると思う」

と、やはり距離や高低差による見えづらさを感じる方がいるようです。

 

しかしながら、

・大型モニターも設置されると思うので見えないということはない。

・オペラグラスさえあればなんとかなる。

という方がほとんどなので、それなりに見ることはできそうですね!

 

それに、実はこのエリアの席には利点もあって、それは、

フォーメーションダンスの動きは1階席よりも綺麗によく見える

ということです。

 

舞台から近い席だと演者の表情などはよく見えますが、舞台全体を見るのはかえって難しくなります。

逆に2階席センターエリアなら舞台全体は見やすくなるので、細かい点を見たいときは大型スクリーンやオペラグラスを駆使して、舞台全体を見たいときは裸眼で楽しむ、というのがこのエリアの利点を生かした楽しみ方かもしれませんね!

(→ ライブ・観劇には双眼鏡が便利!

 

スポンサーリンク


NHK大阪ホール 座席 BL列・BR列からの見え方

 

最後に、2階BL列とBR列からの見え方です。

上の図の右端と左端のオレンジ色に塗ったエリアです。

 

↓このエリアからの見え方は、この方のインスタ画像がわかりやすいです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

しゅん(@le7ven)がシェアした投稿

2階席BR列4番からの見え方です。

けっこう見やすそうですが、高さと距離はありますね(^^;)

 

このエリアの注意点としては、

自分より前に前のめりになって見ている人が1人でもいると、見づらい

ということです。

なので、このエリアの最前列ならまだいいですが、後方となるとちょっと見えづらいかな、、、と思いますね。。。

 

しかし、もともとHNK大阪ホールは中規模のホールのため、

 

・全体的にどこの座席からも比較的見やすい

 

と言われているので、せっかくチケットが入手できたのなら、どのエリアであってもわりと楽しめるんじゃないかなと思いますよ~

チケットぴあ

NHK大阪ホール 座席からの見え方 まとめ

コンサートやライブは前の席で見たほうがいい!?

 

前の席は当然近いので良く見えます。

好きなアーティストがいたらやっぱり近くで見てみたいですよね。

しかし、前の席はその分視野が狭くなるので、全体を見にくくなります。

会場の雰囲気なども伝わりにくいような気がします。

 

その点、後ろの席、例えば2階席などはみんなで盛り上がってるのがよく見えるので、ライブの臨場感をより感じることができるはずです。

視野が広いとダンス全体も見渡すことができますし、そういう良さは後ろの席の方がより感じることができます。

 

ちなみに1階席からの見え方については、こちらにまとめてあります。

NHK大阪ホール|座席からの見え方徹底解説。1階席からの見え方は?
屈指の見やすさと音響設備を誇ると言われるNHK大阪ホール。 今回は、1階席の各エリアからの見え方は実際どうなのか?を、まとめてみました。 ↓ちなみに、NHK大阪ホール2階席からの見え方はこちらにまとめてあります。...

 

コンサート・ライブの席に外れなんてないです!!!

入手したチケットの席で楽しんできてください。

スポンサーリンク


ライブ・観劇には双眼鏡が便利!

1階席後方・2階席・3階席、、、など、肉眼で演者をハッキリ確認できるか不安な場合は双眼鏡を用意しておくといいですよ~。

 

近い席の場合でも、

このシーンはどうしてもアップで見たい!

なんていう場合は双眼鏡が大活躍します。

 

小型・軽量・持ち運びしやすい・安心メーカー、のものが個人的におすすめです。

チケットと宿泊先

チケットはこちらから

チケットを探す チケットぴあで探す
e+(イープラス)で探す
ローソンチケットで探す

 

宿泊先はこちらから

宿泊先を予約 楽天トラベルから予約
じゃらんから予約
dトラベルから予約

 

タイトルとURLをコピーしました