真駒内セキスイハイムアイスアリーナの見え方を一番詳しく解説!立ち見席も

北海道
スポンサーリンク

 

真駒内セキスイハイムアイスアリーナの座席からの見え方を徹底解説いたします。

アリーナ席スタンド席からの見え方は?

立ち見でも大丈夫?

 

など疑問をお持ちの方へ。

この記事では、真駒内セキスイハイムアイスアリーナの座席からの見え方をエリア別にまとめてありますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

※今回は、ライブでの見え方をメインにまとめてあります。

 

それではまず座席表から確認してみましょう。

 

スポンサーリンク

真駒内セキスイハイムアイスアリーナ 座席表

出典:真駒内セキスイハイムアイスアリーナ公式サイト

 

真駒内セキスイハイムアイスアリーナの座席は、

・アリーナ席

・スタンド席

・立ち見席

の3エリアがあります。

 

アリーナ席は上の座席表のオレンジ色?の部分です。

可動席となっていて、座席配置は公演によって異なります。

 

スタンド席は上の座席表のグレーの部分、固定席です。

座席配置の詳細は真駒内セキスイハイムアイスアリーナ公式サイトで確認できます。

公式サイト → 申請書類・図面 → 座席表と進み、『南側スタンド席①』などの文字をクリックすると座席配置の詳細画面が開きます。

 

立ち見席は、スタンド席の後ろです。

 

ステージの位置は公演によって異なり、

 

↓西側ステージや、

 

↓西側ステージ+センターステージ

などいろんなパターンがあります。

 

また、アリーナのブロック分けもいろんなパターンがあって、

前から順にA→B→C→Dブロックの場合もあれば、

↓このように謎のアルファベット順の場合もあります。

 

必ずご自身が行かれるライブごとにステージ位置やブロック分け等を確認するようにしてください。

スポンサーリンク


真駒内セキスイハイムアイスアリーナ キャパ

真駒内セキスイハイムアイスアリーナのキャパは、

・アリーナ席:約4,000人

・スタンド席:6,024人

・立ち見席:約1,500人

合計:約11,500人となっています。

 

1万人規模のホールではありますが、

「箱が小さいのでアーティストとの距離が近くて良い」

「真駒内セキスイハイムアイスアリーナの広さは、ライブ見るにはメンバーが良く見えて良かった」

「札幌ドームに比べたら、アーティストが近くて楽しく過ごせた」

「こじんまりとしていて距離感が良かった」

など、意外と小さい・近いという声が多いです。

 

ドームなどに比べたら全然見える!という感じなんですね。

 

実際の見え方はどんな感じになるか、以下にエリア別にまとめました。

スポンサーリンク


アリーナ席からの見え方

アリーナ席前方からの見え方

真駒内セキスイハイムアイスアリーナの、アリーナ席の前方はおおむね見やすいという声が多いです。

特に最前エリアなんて近くて感動ものですよ。

 

アリーナ最前列だった方は、

「汗も刺青も舌までもはっきり見えました!」

と感動しておりました。

舌まではっきりってすごいです!笑

 

↓こちらで、アリーナ2列目からの見え方です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

もーちゃん(@moocyan716)がシェアした投稿

 

他にも前方で見た方の感想としては、

「真ん前で見れた!」

「Bブロックから、はっきり見えました」

「アリーナ前方だったから良く見えた」

と、良い感想ばかりでした。

 

アリーナ席15列目だった方も、

「見え方はまぁまぁです」

とのことなので、アリーナ前方は十分楽しめるエリアだと思われます。

スポンサーリンク


アリーナ席真ん中~後方からの見え方

アリーナ前方なら肉眼で十分表情まで見えますが、アリーナ真ん中から後方くらいになると、肉眼では見えづらくなると言われています。

ただ、花道があったり、センターステージ等ができる公演であれば、アーティストが後方に近づいてくればそのときは十分肉眼でも見えると思われます。

 

アリーナ後方からの見え方(右下)

↑右下の画像を見ると、けっこうステージが遠いのがわかりますね。。。

 

真駒内セキスイハイムアイスアリーナのアリーナ席は、フラットな床にそのまま椅子が並んでいて、ホールのような傾斜はありません。

アリーナの最後列でだいたい50列目くらい?という情報がありました。

床がフラットで50列目くらいとなると、ステージ上の人の動きはあまり見えないと思われます。

大きなスクリーンで確認することが多くなりそうですね。

スポンサーリンク


スタンド席からの見え方

真駒内セキスイハイムアイスアリーナは、箱が小さいので、

「真駒内ならスタンドでも全然近い」

「真駒内はスタンドからでも近い」

「真駒内のスタンド席ならどこでも見える」

という声が非常に多いです。

 

しかも、

↓こんな感じでスタンド席は傾斜もしっかり!

 

中でも、スタンド席の前方はかなり見やすいみたいです。

 

スタンド席1列目からの見え方(右下)

「スタンド1列目は神」

だそうですよ~。

 

スタンド席2列目だった方も、

「めっちゃくちゃ狭くて見やすいし震えた・・・」

 

西バックスタンド3列目の方も、

「近い、近いよ」

との感想なので、スタンド席前方はとにかく楽しめそうです。

 

そして、スタンド席中段くらいだと、

スタンド席中段くらいからの見え方(北)

中段でもこれなら全然近いですね!

 

スタンド席後方になるとこんな感じ。

スタンド席後方からの見え方

 

ただ、スタンド席の一番後ろだった方によると、

「顔までははっきりと見えません」

「はっきりと見たいならやっぱり双眼鏡を持っていった方がいい」

とのことです。

(→ ライブ・観劇には双眼鏡が便利!

 

スタンド席後方からの見え方

 

この投稿をInstagramで見る

 

tomi tomi(@kaede_maple4)がシェアした投稿

スポンサーリンク


立ち見席からの見え方

最後に、立ち見席からの見え方についてです。

さすがは、箱が小さい&距離が近いと評判の真駒内セキスイハイムアイスアリーナ、立ち見席でさえも評判がいいです。

 

「いちばん後ろ、立ち見席だったけどめちゃくちゃ近くてビビったw」

 

立ち見席からの見え方

 

↓こちらも立ち見席からの見え方

たしかに、立ち見席でも近いですね~!

 

ただ、立ち見席も注意点があって・・・、

真駒内セキスイハイムアイスアリーナの立ち見席は、

↓このように一部見えにくい場所があります。

 

↓見えにくい場所は、具体的にはこの赤丸部分のようです。

 

あと、思ったより良く見える立ち見席ではありますが、

「立ち見だったから、終わったあと腰と足が痛かった・・・」

「立ち見は、しんどかった・・・」

という感想も見られたので、体調を万全にして、スニーカーなどの疲れにくい靴で参戦するよう気をつけてください。

 

それにしても、

「立ち見席しか取れなくてけっこう諦めていたけど、ライブは本当に最高で幸せな時間だった!」

「立ち見席でも全体を見渡せて大満足でした」

「立ち見席からでもアーティストの気持ちも伝わってきて、めちゃくちゃ感動した」

など、やはり良い口コミが目立ちます。

 

生のライブは立ち見席でも満足できるものなんですね!

行かれる方は、ぜひ楽しんできてくださ~い!

スポンサーリンク


ライブ・観劇には双眼鏡が便利!

1階席後方・2階席・3階席、、、など、肉眼で演者をハッキリ確認できるか不安な場合は双眼鏡を用意しておくといいですよ~。

 

近い席の場合でも、

このシーンはどうしてもアップで見たい!

なんていう場合は双眼鏡が大活躍します。

 

小型・軽量・持ち運びしやすい・安心メーカー、のものが個人的におすすめです。



 

チケットと宿泊先

チケットはこちらから

チケットを探す チケットぴあで探す
e+(イープラス)で探す
ローソンチケットで探す

 

宿泊先はこちらから

宿泊先を予約 楽天トラベルから予約
じゃらんから予約
JTBから予約
ワンランク上の宿泊先 一休から予約
JR+宿泊先 日本旅行から予約
格安航空券+宿泊先 スカイパックツアーズから予約

 

それでは、行かれる方は楽しんできてくださ~い!

 

お読みいただき、ありがとうございました。

 

北海道
スポンサーリンク
座席ウォッチャー
タイトルとURLをコピーしました