松下IMPホール座席見え方徹底解説!キャパや席はどんな??

大阪

 

 

『松下IMPホール』の座席からの見え方を調べてみました。

画像だけでなく実際の口コミも多数掲載しています!

 

『松下IMPホール』は、大阪ビジネスパーク内の商業ビル”松下IMPビル”2階にある多目的ホールです。

 

コンサートや演劇、ファンミーティングなどのイベントも多数開催されており、見に行きたいという方も多いのではないでしょうか。

 

『松下IMPホール』まで見に行くとなると、気になるのがその座席からの見え方。

そんな方のために、この記事では『松下IMPホール』の座席からの見え方をエリア別に詳しくまとめましたので、これから行かれる方は参考にしてみてください。

 

それではまず座席表から確認してみましょう。

 

スポンサーリンク

松下IMPホール 座席表

松下IMPホールは様々なイベントに対応できるホールで、座席は可動式になっています。

イベントごとに自由に座席を配置できるため、座席表はワンパターンではありません。

 

座席配置によって、

シアター形式

スクール形式

などがあったり、

座席を取り払ってオールスタンディングにすることもあります。

 

※この記事では、ライブなどで見られる『シアター形式』(キャパ:857名)の場合の見え方をご紹介します。

他の座席配置だと見え方が変わります。
必ずご自身の行かれるイベントの座席配置をその都度確認してください。

 

 

シアター形式(キャパ:857名)の座席表は以下のとおりです。

出典:https://www.kanden-kaijyou.jp/event_hole/imp/

↑公式サイトからお借りしたのですが、ちょっとわかりづらいですかね・・・(苦笑;)

 

↓簡易的に座席表を作り直してみると・・・、こんな感じです。

 

客席は857席ですべて可動式。

そのうちの最前部156席はスタッキングチェアになっています。

縦はA列~S列、横は1番~39番です。

 

キャパ857名の小さめホールなので、

小ぢんまりしたホールで、見やすい

とか、

会場はそんなに広くないので、アーティストとの距離が近い

などと言われています。

 

座席表で『松下IMPホール』のだいたいの大きさ・キャパはなんとなく把握できたと思います。

が、各エリアごとの見え方は実際どうなのか?

気になりますよね。

 

それでは以下に、前方から順に見え方を詳しくご紹介します!

実際に『松下IMPホール』に行ったことがある方の感想や口コミをたくさん掲載しておりますので、参考にしてみてください。

スポンサーリンク


松下IMPホール 座席見え方 AA列~DD列

「AA列~DD列ってどこ??」

「座席表にそんな列ないんだけど・・・」

と、不思議に思う方も多いのですが・・・。

 

座席表に記載がないとっておきの席、それがAA列~DD列。

ずばり!ここです。

 

A列よりさらに前にある4列、正真正銘の最前エリア、それがAA列~DD列です。

 

最前エリアなので、当然見え方はいいです!

 

AA列10番からの見え方(2枚目)

 

この投稿をInstagramで見る

 

@nn199283がシェアした投稿

目の前がステージです!

 

BB列に座れた方も、

めっちゃ前過ぎる!これはヤバい!

かなりいい席♡

と言ってましたし、

 

CC列も、

臨場感いっぱいでした

3列目ドセンターだったので、表情もしっかり堪能できた

 

DD列も、

最初、どこ…?って思ってたら実質4列目!こんなに近いのはじめて!

DD列は床がフラットだけど、近いので舞台の迫力がすごく伝わってくる

と、最前エリアの方はいずれも満足度が高いです。

 

ですが!

一番端の席で、

一番端の席だったから見にくかった・・・

と言っている方もいました(;;)

 

やはり、最前エリアの端席はそれなりに見づらくなってしまうようですね。。。

 

ちなみに、AA列・BB列・CC列・DD列ではなくて、

カ列・キ列・ク列・ケ列など、列名が変わることもあるようです。

 

チケットぴあ

松下IMPホール 座席見え方 A列~F列

A列だと一瞬『最前列か♡』と思ってしまいますが、実際は前に4列(AA列~DD列)あるので、実質5列目になります。

AA列~DD列を使わない公演では、A列が最前列です。

 

『松下IMPホール』のA列~F列は、距離的にはステージに近いです。

 

A列かB列くらい(?)かな

 

この投稿をInstagramで見る

 

me_myself&kdrama(@my_kdramastories)がシェアした投稿

 

 

↓こちらはC列15番からの見え方(2枚目)

 

この投稿をInstagramで見る

 

micha(@24_michaaastagram)がシェアした投稿

 

D列からの見え方

 

この投稿をInstagramで見る

 

zukko.0115(@zukko.0115)がシェアした投稿

 

↓こちらもD列くらいかと

 

この投稿をInstagramで見る

 

JUN(@jun.patola.papi)がシェアした投稿

 

E列くらいになると、

めっちゃ近かった!

という方もいれば、

E列は前から9列目だし、期待したほど近くはない

という方もいる、そんな距離感です。

 

E列からの見え方(6枚目)

 

この投稿をInstagramで見る

 

おかもとはるか(@haaaaaru_)がシェアした投稿

 

このように、距離的にはまずまず近いA列~F列ですが、実は『見づらい』という口コミがけっこうあります。

それはなぜかというと・・・、

スポンサーリンク


A列~F列は段差がない!?

そう、A列~F列は段差がなく床がフラットなのです。

 

そのため、

前10列くらいは平らな床なので、中央付近の席からは舞台の真ん中辺りが前の人の頭で見えにくくなる

前の頭部で隠れてしまい、見にくい場合がある

前列の席が見にくい!S席を買って楽しみに行ったのに、前の人の頭を右に左に避けながら見なければならなかった

という残念な感想がちらほら見受けられます(;;)

 

厳密には『前10列くらいは平ら』ではなく、

AA列~DD列はフラットで、そこから20cm高くなってA列~F列がフラット、です。

 

なので、A列だけは、

見晴らし良好。5列目に座ってみたら分かるけど、すごく見やすい

です。

 

しかしそれ以降、B列~F列は、

例えば、C列サブセンターに入った方は

前を見ると、前に座っている方の頭が視界に入った

と言っていましたし、

 

F列の方なんか、

段差がなくてすっごい見づらくて、こんな劇場初めてだった・・・(涙)

と嘆いていました(;;)

 

↓こんな感じ・・・!?

 

この投稿をInstagramで見る

 

tanakaracing(@tt.tatsu)がシェアした投稿

 

サブセンターの方は、

それでも、センターよりは見やすいんじゃないかと

と言っていたので、ど真ん中よりは少し端に寄った方がまだ見やすいかもしれませんね。

スポンサーリンク


松下IMPホール 座席見え方 G列~

『松下IMPホール』は、G列(11列目)からしっかり段差ができます。

なので、G列以降は視界良好です。

 

特にG列は、

前が通路なので視界を遮るものがなく見やすい

かつ、

そこまで舞台からも離れてないし、肉眼でも見える距離

なのでおすすめです。

 

通路すぐ後ろ(G列かH列かくらい?)からの見え方

 

この投稿をInstagramで見る

 

@geppy88がシェアした投稿

 

こちらもG列かH列くらいでしょうか

 

この投稿をInstagramで見る

 

iu(@ui_________i)がシェアした投稿

 

ただ、後方になると距離が遠くなるので、

J列16番

センターだったし舞台を正面で楽しめました

段差があって見晴らしもよく、オペラグラスを使いながらみれば問題ない距離

 

N列センター

センターから全体を見れるので、悪くない席

ただし、オペラグラスがないと表情までは難しいかな・・・

 

P列

そこそこの大きさのホールで、20列目になるとメンバーの見分けができなかった

など、遠う→双眼鏡・オペラグラス推進派が増える印象です。

 

心配な方は双眼鏡・オペラグラスを持参すると良いでしょう。

(→ ライブ・観劇には双眼鏡が便利!

 

後方からの見え方

 

この投稿をInstagramで見る

 

鍼師shibatar(@gogoshigezoo)がシェアした投稿

 

後方席は距離はありますが、

後方の席だと段差があるから見やすい

後方席だったけど、傾斜もあり見やすかった

と、見え方については良い感想が多いですよ~。

 

それでは、行かれる方は楽しんできてくださ~い。

スポンサーリンク


ライブ・観劇には双眼鏡が便利!

1階席後方・2階席・3階席、、、など、肉眼で演者をハッキリ確認できるか不安な場合は双眼鏡を用意しておくといいですよ~。

 

近い席の場合でも、

このシーンはどうしてもアップで見たい!

なんていう場合は双眼鏡が大活躍します。

 

小型・軽量・持ち運びしやすい・安心メーカー、のものが個人的におすすめです。

 

チケットと宿泊先

チケットはこちらから

チケットを探す チケットぴあで探す
e+(イープラス)で探す
ローソンチケットで探す

 

宿泊先はこちらから

 

宿泊先を予約 楽天トラベルから予約
じゃらんから予約
dトラベルから予約

 

タイトルとURLをコピーしました